· 

シンガポール人

現在は、550万人で、外国人が38%(209万人)にもなるのですね。面積も、現在719㎢、淡路島より21%も大きくなっています。驚きでした。公用語は、英語、マレー語、中国語、タミール語の4つです。人種の比率からもわかるように中華系が強い国です。職業は、管理・事務職は中華系が多く、製造・接待業はマレー系、ガードマン・倉庫・土木関係はインド系が多いように思います。会社にも多民族の従業員が働いているので、色んな言語が飛び交っています。同じ人種同志は方言交じりの母国語で話し、他の人種が入ると英語で話すことが多いのですが、時には一人が中国語で話しかけ、相手は英語で応じ、最後はマレー語で締めるみたいなこともよくあります。私がこの言葉は何語?と聞くと、明らかに英語じゃないのに英語と答えることもあり、本人たちも何語か分からなくなっている言葉もあるようです。最後には、いつも何語でもいいじゃないか通じているのだからで終わります。