· 

中国語は難しい

それ以降、北京語の勉強は止めました。私がシンガポールで初めて覚えた現地の言葉は、マイタンです。日本語のお勘定のことで、外食が多いこともあり、よく使います。覚えたのがうれしくて、外食の度に使っていたのですが、ある時、 マイタンと言ってもウエイターがキョトンとして反応しません。発音が悪いのかと思い2度ほど言い直したのですが、同じ反応です。すると、横にいた先輩が、インド人のウエイターに中国語で言っても通じるはずないよと笑われました。こんな簡単な言葉でも、人種が違うと通じないものなのです。また、北京に出張した時に、 マイタンと言いましたが通じません。これは広東系の中国語なので、北京では通じないとのこと。