日本に永住・帰化したい方へ

~煩雑な申請を行政書士としてお手伝いさせて下さい~

日本の暮らしが気に入って、老後も日本に住み続けたいとお考えの外国人の方をお手伝い致します。まずは、「永住者」のビザを取得して、本国国籍のまま外国人として日本に留まるか、帰化して、日本国籍を取得し日本人として日本に住むのか、或いは、第1段階として「永住者」ビザを取得し、第2段階で帰化するのかを充分にご検討ください。

①「永住者」ビザを取得することによるメリット

・ビザの期間が無期限になります。ビザが取り消されたり、退去強制事由に該当したりしない限り、ビザ期間の更新をしなくても日本に在留することができます。

但し、再入国許可を取らずに1年以上出国するとビザが消滅するので、注意が必要です。(あくまでも外国人です)

・日本での活動に制限はありません。どのような職に就くこともできます。

但し、日本人同様他の法令による制限は順守する必要があります。

・「永住者」ビザをもっていることで、退去強制事由に該当した場合でも特別に在留が許可されることがあります。

・配偶者や子供が「永住者」ビザ申請した場合、他の一般ビザ所有者よりも簡易な要件で許可を受けることができます。

・「永住者」ビザをもっていることは、日本に生活の基盤があることの証明になるため、ビジネスや社会生活上での信用が得られます。

②帰化することによるメリット

・告示の日から日本国籍を取得し、日本国民となります。

・基本的に日本国籍を剥奪されたり、帰化の効力が消滅することはありません。

・公法上の権利、国内居住権、入出国の権利、参政権、外交保護権等の権利、納税義務等が発生します。

③「永住者」ビザと「帰化」との比較

・現状の生活状況、将来の方向性、親族状況等を考慮してどのように進めるかの検討が必要です。

  永 住 者 帰 化
国籍  本国の国籍のまま変わらない  帰化により本国の国籍は喪失。日本国籍のみとなる
住所要件 原則10年 原則5年
根拠法 出入国管理及び難民認定法 国籍法
取消、退去

ビザの取消、退去強制になることもある

再入国許可を取らずに1年以上出国するとビザが消滅する

日本国籍が取り消されることはない
在留カード 在留カードの更新が必要 日本国籍なので在留カードは無い
申請先 入国管理局 法務局
行政書士 ご本人が出頭しなくでも行政書士が申請取次できる 本人申請が必要。行政書士は書類作成のサポートができる

◎お困りの時は、お気軽にご相談下さい。

初回1時間は無料にてご相談に応じます。(1時間の無料相談のみでも承ります)

 

相談のお申し込みは、電話(072-888-0807)或いはお問合せフォームからお願いします。